レビュー:Beam Authenticは、画像、GIF、スライドショーを表示できる、楽しいOLEDスマートボタン

0
113

Beamは、アプリ制御のOLEDスマートボタンを発表しました。衣服に着用か、バッグにつける事ができます。ボタンの真ん中にはOLEDディスプレイがついており400×400ピクセルの画像サイズで好きなものを表示することができます。

ルック&フィール

ボタンは黒または白のカラーがあります。直径はわずか2インチで、厚さは0.4インチ、Apple Watchよりもわずかに薄いです。比較的厚いサラウンドがあるので、ディスプレイ自体の直径は1.4インチです。

プラスチック製の表面は前面に光沢があり、背面には光沢があります。バッジの背面には、ビームロゴの付いた金属板があります。

2つのボタンがあります。10時の位置の電源ボタン、3時の機能/パニックボタンの組み合わせ。最後に、6時の位置にmicroUSB充電ポートがあります。

プラスチック製の表面はやや安く見えますが、もちろん目立ったのはOLEDスクリーンです。これは明るく鮮やかですが、明るさはアプリによって制御できます。



Beam Authenticそれ自体に加えて、ピンホルダー、2つのバッグタグ(1つのストラップ付き)、2つの磁気アタッチメントがあります。ピンホルダーはかなり大きいので、衣服につけた場合の落下気になりますが、マグネットホルダーは非常に強いので、心配はなさそうです。

表示オプション

Beamでは、写真や静的なグラフィック、GIF、またはそこに保存されているすべての画像のスライドショーを表示できます。スライドショーでは、次のオプションから間隔を選択できます。

  • 5秒
  • 10秒
  • 20秒
  • 30秒
  • 1分
  • 5分
  • 20分
  • 1時間
  • 2時間

ビームは一度に100枚の画像を保存できます。

バッジの作成

バッジを作成するにはさまざまな方法があります。

まず、リフレッシュできるフィードで他の人が作成したものを見ることができます。これは、アプリのメニューバーの左側にあるキーパッドスタイルのアイコンからアクセスできます。

次に、作成アイコン(ペイントブラシ)をタップして、さまざまなソースを選択できます。

  • GIF(検索可能)
  • あなた自身のペイント
  • カメラ
  • 写真
  • Web画像検索

独自のバッジをペイントする場合は、背景色、枠線、グラフィックテンプレートを選択し、鉛筆、ペイントブラシ、マーカーツールを使用して描画することができます。また、15種類の書体の中から選択してメッセージを入力することもできます。

アプリには印象的なカスタマイズレベルがあります。たとえば、テキストの配置と不透明度の両方を選択でき、テキストを四角または円で表示するオプションがあります。

GIF内には、MemesとTrendingを含む15の異なるカテゴリがあります。しかし、ほとんどの場合、検索することで物事を見つけることができます。私はElfからiPhone Xまで幅広いキーワードを試してみましたが、常にマッチを思いついたのですが、最初のスクリーンでしかうまくいきませんでした。

静的な画像はわずか数秒で転送されますが、GIFの方がはるかに時間がかかります。それぞれのフレームは約2〜3秒必要です。 GIFが転送されている間は、アプリケーション内では何もできないので、設定を当てる前に内容を確定させた方がいいかもしれません。

ディスプレイ品質とバッテリ

表示品質は非常に印象的です。おそらくApple Watchよりも優れていると言えますが、解像度が低いほど、より迫力のある外観になります。

最大の明るさでは、iPhone Xよりも明るくなります – 下の写真は両方とも最大の明るさです。

ビームは「最大24時間」のバッテリ寿命です。実際の寿命は、使用量によって大きく異なります。自動明るさ、自動調光、自動スリープなどの電源管理機能を備えています。 5分後にはディミングがデフォルトになりますが、スイッチがオフになることはありません。

一定の使用で、電池が5〜6時間持続しました。より現実的な使用で、一日利用はできるかと思います。

非常ボタン

このデバイスにはパニックボタン機能が含まれており、地図リンクをあなたのロケーションに送信し、デフォルトのメッセージを最大4人の異なる人に送信できます。

パニックボタンの機能はデフォルトではオフになっていますが、アプリ内で切り替えることができ、あ名前、デフォルトのメッセージを入力し、連絡先から最大4つの携帯番号を選択する事ができます。

これを有効にするには、ファンクションボタンを10秒間押し続けます。バッジは3秒間赤色で点滅して起動を確認し、メッセージが配信されると緑色に点滅します。

まとめ

ビームは誰もが必要としない製品ですが、楽しいものです。そして99ドルで、比較的高価なものです。

最終的に、この紹介に価値を見出せるかは、アイデア次第かもしれません、

Beam Authenticの費用は99ドルで、同社のウェブサイトから入手できます。

Beam Authentic