iPhone 11で、超広角レンズと望遠レンズを使ってタイムラプスビデオを撮影する方法

0
364

iPhone のカメラには「タイムラプス」撮影機能が搭載されており、「低速度撮影」と呼ばれる数秒、数分に1コマずつ撮影した写真をつなげてコマ送りの動画を作る機能があります。

iPhone 11やiPhone 11 Proのカメラには、優れた機能が数多く追加されており、撮影タイプにあわせて、「広角レンズ」「超広角レンズ」「望遠レンズ」と3つの異なるレンズを使用することができます。今回は、iPhone 11で「超広角レンズ」と「望遠レンズ」を使用し、タイムラプスビデオを撮影する方法をご紹介します。



iPhone 11で、超広角レンズと望遠レンズを使ってタイムラプスビデオを撮影する方法

  1. iPhone 11またはiPhone 11 Proでカメラアプリを開きます
  2. 縦向きの場合、ファインダーを左から右に、横向きの場合、上から下にスワイプして、撮影タイプを「タイムラプス」に切り替えます
  3. 「タイムラプス」に「超広角レンズ」を使用する場合「タイムラプス」のファインダー上にある「.5」ボタンをタップします。「望遠レンズ」を使用したい場合は、ファインダー上にある「2」をタップします