iPhoneで写真やビデオから位置データを削除する方法

0
1043

iPhoneで写真や動画を撮影すると自動的に位置情報が保存されます。撮影した写真や動画を共有すると他の人にも撮影した場所が流出してしまいます。 今回は、iPhoneで撮影した写真や動画から位置情報を削除する方法をご紹介します。

iOSには、iPhoneやiPadで撮影した写真やビデオを共有機能で送信する前に、位置情報やその他のメタデータをオフにする便利なトグルスイッチが提供をされています。

この機能は、iPhoneで撮影された写真、動画の場合、1つごとに位置情報をオフにする必要があるため、複数枚ある場合はひとつごと作業する必要があります。



iPhoneで写真やビデオから位置データを削除する方法

iPadでも同じ操作で設定ができます。

  1. iPhoneまたはiPadで写真アプリを開きます
  2. 共有する写真またはビデオを選択します
  3. 「共有」ボタンをタップします(上向きの四角、iPhoneでは左下、iPadでは右上)
  4. 上部にある「オプション>」をタップします
  5. 「位置情報」の横のトグルをタップしてオフにし、「完了」(右上隅)をタップします
  6. 写真/動画の共有方法と送信方法を選択して送信します。

位置データスイッチを変更し送信後に再び使用すると、位置データスイッチが消えるというバグがあるようです。 この問題が発生した場合は、iPhoneまたはiPadを再起動すると、問題が解消されるようです。