MacでiPhoneバックアップを削除する方法

0
1250

Macの容量が少なったくなってきた時、Macに保存されている古いiPhoneバックアップを削除して容量を増やす事ができます。今回は、macOS CatalinaでiPhoneバックアップを削除する方法をご紹介します。

macOS CatalinaでiPhoneバックアップを削除は、iTunesを使わないでiPhoneバックアップを削除する方法になります。 AppleはmacOS CatalinaでiTunesアプリを廃止し、FinderでiPhoneやiPadなどのデバイスを管理しているため、以前、iTunesで保存したバックアップファイルが見えない形で残っている可能性があります。最新のmacOSリリースでこのバックアップファイルを削除する方法をご紹介します。



MacでiPhoneバックアップを削除する方法

  1. MacにiPhoneをLightningケーブルで接続します
  2. Finderを起動し、左側のサイドバーでiPhoneをクリックします
  3. 「バックアップ」セクションで、「バックアップの管理…」をクリックします。
  4. 削除するバックアップを選択します
  5. ウィンドウの左下隅にある「バックアップの削除」をクリックします
  6. 確認画面で「削除」を選択します。

上記の方法は、Mac自体に保存されているバックアップファイルを管理/削除する機能です。 iCloudに保存されているiPhoneバックアップを削除するには、iPhoneの「設定」> 「アカウント名」> 「iCloud」> 「ストレージの管理」> 「バックアップ」で削除を行う事ができます。