KGI、2018年のiPhoneにギガビットのLTE技術が登場と予測

KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏は、Appleが5G iPhoneの開発に取り組んでいること、そして近い将来に登場することを予測しています。

この投資家ノートによれば、Appleは2018年のiPhoneすべてでより高速のアンテナモジュールを採用し、来年のiPhoneアンテナモジュールのサプライヤに関する詳細情報を提供しるという。

Kuo氏は、アンテナ設計が、2018年のiPhoneラインナップに伴う “LTE伝送スピードの向上”の鍵となると説明しています。同氏は、来年に発表される新しいiPhoneは、4×4MIMO規格をサポートできるため、ユーザーのスピードを向上させることができるという。

さらに、Kuo氏は、Appleの新しい携帯電話モジュールへの移行は、サプライチェーンシフトを引き起こすと言います。サプライヤーのキャリアについては、クオは、アップルのアップグレードが平均販売価格の改善に役立ち、それが注文配分の大きなチャンクを与えることになると言います。現在、キャリアはAppleのLTEアンテナの受注の20%から25%を提供していますが、それは来年には50%になる可能性があるといいます。

先週のKGIの報告書によれば、インテルは新しいベースバンドチップの70%から80%をiPhone用に提供する可能性が高いと説明した。

市場では、ギガビットのLTEが普及するにつれてAppleが4×4 MIMOをサポートするか注目されている。 4×4MIMOアンテナ構造は、特にカバレッジの低い領域で、カバレッジを改善することも可能にする。現在、市場に出ているいくつかのハイエンドのAndroidデバイスは4×4のMIMO技術をサポートしていますが、iPhone 8とiPhone Xはまだ2×2の技術で、遅れています。

今月のレポートは、Appleが将来のiPhoneモデル用に5Gモデムを作るためにIntelと密接に協力していると説明している。これとは別にKGIは、アップルの2018年のiPhoneラインナップには、現在のiPhone Xの5.8インチフォームファクタに加えて、新しい6.5インチのOLEDと6.1インチのLCDモデルが含まれると予測した。