iPhoneでマスクつけたままでもFace ID認証できるようにする方法

0
334

iPhoneでは、フェイスマスクをつけたままだとFace ID認証ができないためiPhoneのロックが外せなくて苦労したことはありませんか。 新型コロナウィルスの影響により、医療専門家 は外出時のマスク装着を推奨しているため、マスクを装着したままiPhoneのFace ID認証ができるようになって欲しいと思う人はたくさんいるかと思います。。今回はマスクを装着してしていてもFace ID認証ができるようにする方法をご紹介します。

Xuanwuラボが、半分のマスクを着用しているときに生体認証システムをセットアップすると、マスクを着用していても認識するようにFace IDを設定できることを発見しています。



マスクつけたままでもFace ID認証できるようにする方法

この方法では、マスクを半分に折りたたみ、Face IDのセットアップを行う方法になります。

まずFace ID認証についてAppleの公式見解ですが、Appleの広報担当者によると「Face IDは目、鼻、口が見える状態で機能するように設計されています」と述べており、「ユーザーは、パスコードを入力することにより、マスクを着用したままでもデバイスのロックを解除できます。」と説明しています。下の方法はあくまで非公式方法になり、100%のロック解除率ではないことをご理解の上、お試しください。

「設定」の 「Face IDとパスコード」をタップします。

Face IDの初期設定を完了させた後、Face IDの「もう一つの容姿をセットアップ」を選択します。

設定に進んだら、マスクを半分に折り、マスクを装着する位置に固定して手で支えます。

iPhoneで「顔の障害物」と表示された場合は、「頭をゆっくり動かして円を完成させるが表示されるまで、マスクを顔の中心からゆっくりと離します(Xuanwuラボでは鼻の先だけを覆うことを推奨しています。)

完了すると「Face IDが設定されました」と表示されます。

これで片側マスク姿であれば、Face IDの認証が可能になるため、マスク装着していても

していなくても認証が可能になるます。

もし上記の方法でも、マスク装着したままでFace ID認証できない場合は、もう少し精度をあげる方法があります。

「設定」の 「Face IDとパスコード」をタップします。

Face IDをリセットするを選択し、上記の方法で片面マスクの状態をプライマリとして登録してします。

Face IDの「もう一つの容姿をセットアップ」を選択します。

今度は、顔の反対側がマスクになるようにマスクを折り上記のように設定を進めます。

この2つのFace IDセットアップスキャンを完了します。

これにより、マスクを装着していてもかなり認証精度を上げる事ができますので、

マスクを装着していてもFaceID認証をどうしても使いたい方は試してみてください。