Pixelデバイスでバッテリーセーバーが有効な場合、「ナイトモード」に強制的に切り替え?

0
103


AndroidのダークモードについてはAndroidコミュニティで話題になっています。Androidのダークモードはゆっくりとではあるものの確実に要求された機能が追加され、アプリとOSが対応していっています。現在のバージョンでは、ユーザーがバッテリーセーバーを有効にした場合、Androidのダークモードが強制的にオンになるようです。



Pixelデバイスでバッテリーセーバーが有効な場合、「ナイトモード」に強制的に切り替え?

Android Policeが発見した11月のPixelデバイスセキュリティアップデートでは、バッテリーセーバー機能が大きく更新されています。ユーザーがバッテリーセーバーモードをオンにすると、OSはデベロッパーオプションに埋め込まれている夜間モードを自動的にオンにするようです。 Androidの夜間モードは、Googleの連絡先などの限られたアプリだけでなく、デバイスのテーマも管理するようになっています。

興味深いことに、この設定はオプションではありません。夜間モードが「常時オフ」に設定されていても、11月のアップデート後は、バッテリーセーバーがモードを反転し、ダークテーマが適用され、その設定が「常時オン」に切り替わります。この変更に関しては多くのユーザーが苦情を述べています。

Googleは、ユーザーが電池寿命を節約できるように、消費の少ないダークテーマに切り替えていますが、残念ながらバッテリー節約モードはわずかしか効果的になりません。