AnkerはFlareとFlare +を発表!360度サウンド、防水性能を搭載

0
122

Ankerは今週、多くの新製品を発表しました。オーバーイヤーヘッドフォンとスポーツイヤホンのリリースには、フレアとフレア+ブルートゥースのスピーカーがあります。これらの新製品に加えて、Ankerはオーディオブランドの統一を発表しています。今週発表された製品は、AnkerのSoundcoreというブランド名でブランド化されます。



AnkerはFlareとFlare +を発表!360度の防音性能を搭載

Ankerは2014年にオーディオ製品の出荷を開始しました。デビュー以来、オーディオ製品は顧客から非常に好評を博しています。実際、彼らは長年にわたり、AmazonとWalmartの両方でトップセラーブランドとなっています。 AmazonやWalmartでAnkerのクイック検索を実行すると、多くの製品が表示されるだけでなく、ほぼすべての製品に5つの星レビューのうち4つ以上がついていることがわかります。

今週発表された新しいBluetoothスピーカーには、FlareとFlare +があります。これらの製品は、360度のサウンド(AppleのHomePodに似ています)とIPX7の防水(スピーカーは3.3フィートの水に30分まで浸漬できます)がコンパクトで最小限のデザインで実現しています。FlareとFlare +どちらも非常によく似ていますが、フレア+は音量が大きく、バッテリ寿命が長くなります。

Ankerは、このサイズのスピーカーでは質の高い低音が欠けていることが多いといいます。この問題を解決するため、SoundcoreのエンジニアはBassUpを開発しました。 BassUpは、FlareとFlare +の両方で「非常に大きなサウンドと強力な低音を歪みなく」作り出すことができます。Ankerは、フレアとフレア+の両方の底面にアプリ制御のLEDライトを搭載し、ユーザーがスピーカーをカスタマイズできるようにしました。

Ankerはオーディオ機器以外でも、充電ケーブル、バッテリーパック、ACアダプター、USBハブなどで有名です。多くのカテゴリーで色々なタイプの製品を開発してきたAnkerのオーディオ製品は、他のオーディオ製品よりも優れた仕様になっています。