iOS 12の「重要なアラート」を有効・無効にする方法

0
90


iOS 12の通知機能では多く発生する通知を制御する機能が搭載されていますが、「重要なアラート」は逆に重要な局面で通知を行う機能です。 Appleはこの機能についてあまり言及していませんが、中には対応した緊急速報系のアプリで対応されています。


基本的に、重要なアラートは、iOSの設定や、その他の通知設定に関係なく表示されます。 [着信拒否]モードや着信音の設定も無視され、通知される機能です。

悪意のある開発者によっては、悪用される可能性があるため、開発者はAppleからの承認をえてアプリに組み込む必要があります。Appleは、健康、安全、家庭のセキュリティに関連するアプリだけに実装を許可しています。その一例では、血糖値が低すぎる場合に警告を出すグルコースモニタリングアプリです。

重要なアラートをサポートしているアプリでは、連絡先やカメラへのアクセスを要求するメッセージとよく似たポップアップが表示されます。



iOS 12の「重要なアラート」を有効・無効にする方法

重要なアラート機能に関しても、後から自由にオンオフ設定する事ができます

設定アプリを開いて[通知]を選択し、設定変更したいアプリをタップします

この機能をサポートしているアプリでは、アプリの通知ダッシュボードの上部に「重要なアラート」の切り替えが表示されます。

「重要なアラート」のトグルをタップしてオンオフ設定する事ができます。