FirefoxはGoogleのWebPイメージフォーマットをサポート!Apple Safariは取り残される?

0
184

Mozillaは今週、FirefoxでGoogleの圧縮されたWebPイメージフォーマットをサポートすると発表した。これで、AppleのSafariだけが、Googleの圧縮されたWebPイメージフォーマットとm互換性のない唯一の著名ブラウザなった。



FirefoxはGoogleのWebPイメージフォーマットをサポート!Apple Safariは取り残される?

Firefoxの新しいサポートに対し、唯一の例外はiOSバージョンだとCNETは指摘する。 Appleのポリシーのため、サードパーティのiOSブラウザ(Google Chromeも含む)は、Safariと同じiOSの基本エンジンを使用する必要があります。

MozillaのWebP採用は、Windows 10に組み込まれたブラウザEdgeに続く対応となる。

WebPは、Googleの古いVP8ビデオフォーマットの派生フォーマットです。 2010年に、GoogleがWeb公開したグラフィックスの新しいオープンスタンダードとして発表され、JPEGと同等の品質でファイルサイズがより小さくなります。 2011年にアニメーションとメタデータのサポートが追加され、2012年に透過機能が追加されました。

Googleは、PNGからWebPへの変換によって、元のPNGに応じてファイルサイズが28〜45%削減されると主張しています。

アップルは、競合他社によって設立されたフォーマットをサポートすることに抵抗しており、最終的に損を被る事があります。たとえば、Apple TV 4KはYouTubeの動画を4Kの解像度で再生することはできません。それは、tvOSにはGoogleのVP9コーデックがないためです。