Twitter のAPI仕様の変更!TweetbotとTwitterifficで、通知とストリーミング機能が使用不可に!

0
638

Mac用のTwitter公式アプリ提供を完全に停止した後、Twitterの次の動きは、サードパーティのTwitterアプリで、プッシュ通知やストリーミングなどの重要な機能を利用できなくする動きのようだ。新しいツイート到着時に通知を受信して​​タイムラインを更新する機能を利用できなくなると、Mac、iPhone、およびiPadに対応するTweetbotやTwitterrificなどのサードパーティTwitterアプリの機能が大幅に制限されることになります。



Twitter のAPI仕様の変更!TweetbotとTwitterifficで、通知とストリーミング機能が使用不可に!

2018年6月19日以降、TwitterのAPI提供で「ストリーミングサービス」が削除されます。これは、サードパーティ製アプリで次のことが起こることを意味しています。

  • プッシュ通知はもう到着しません
  • タイムラインは自動的に更新できません
  • Talon、Tweetbot、Tweetings、Twitterrificなどのアプリで、開発者がこれらの問題を解決する方法がいまのところありません

Twitterの既存のソリューションであるAccount Activity APIの代わりに、Twitterによる別の手段でのベータテストが行​​われていますが、6月19日の締め切りに近づいているにもかかわらず、サードパーティ製のアプリは、Account Activity APIの使用ができなくなってきています。

Mac用Twitterアプリは、全て利用不可に?

TweetbotやTwitterrificのようなサードパーティのアプリは、6月にプッシュ通知とストリーミングタイムラインを使えなくなると、Twitterアプリとして機能しなくなり、同様の機能を持つネイティブアプリ、Twitterからの代替アプリは、今のところ明らかになっていない。

Twitter for iOSは、コメントや新しいつぶやきのプッシュ通知を提供しますが、手動で更新以外に、タイムラインを自動で更新するストリーミング機能はありません。次のニュースやサービスをパッシブに使用するには、ストリーミングが不可欠です。

TwitterはMacアプリで、リアルタイムにタイムラインをストリーミングする機能を提供していましたが、Mac用Twitterは数週間前に完全に機能しなくなりました。 TwitterはMac用のTweetDeckを提供していますが、これは非ネイティブのWebビューでのストリーミングをサポートし、安定性の問題を抱えています。

MacでTwitterを頻繁に使用しているユーザーにとっては死活問題です。反対運動は多数勃発していますので、これにTwitterが反応し、対応を検討してくれることを祈るばかりです。