AndroidからiPhoneへデータ移行が誰でも簡単にできる方法

0
469

Android端末からiPhoneへ乗り換える時、Andoridに保存しているデータや情報を移行する手続きで頭を悩ませている場合は朗報です。Android端末からiPhoneへデータを移行させる手続き昔はとても大変な作業でしたが、最近は簡単な手続きだけでAndroid端末からiPhoneへデータを移行させることができます。今回は、AndroidからiPhoneへデータ移行が簡単にできる方法をご紹介します。



AndroidからiPhoneへデータ移行が誰でも簡単にできる方法

Appleは、Android端末からiPhoneに切り替えを促す大規模なマーケティング広告を展開しており、Android端末からiPhoneへデータを移行も簡単に行える方法を提供しています。

今回は、Androidの「Google Playストア」で提供されている「Move to iOS」アプリを使ってiPhoneの初期設定をする時に簡単にデータ移行させるて手順をご紹介します。

「Move to iOS」は、古いAndroid端末でもインストールすることが

できます。 Android 端末で「Google Playストア」にアクセスし、「Move to iOS」をダウンロード、インストールしておきます。

Android端末はWi-Fiを接続したままにしておきます。

次に、iPhoneを起動し初期設定の手続きを開始します。

iPhone初期設定で、「Appとデータ」画面に進んだら、下のリストから「Androidからデータを移行」をタップします

iPhoneが「Androidからデータを移行」画面に進んだら、今度はAndroid端末でインストロールした「Move to iOS」アプリを起動します。起動後、「Continue」ボタンをタップします。

同意画面が表示されたら下までスクロールし「同意」します。同意後、「Find Your Code」画面が表示されるので、右上の「Next」をタップし、コード入力画面に進みます。

再びiPhoneの「Androidからデータを移行」画面にもどり、「続ける」ボタンをタップします。

画面が切り替わり、画面中央にコードが表示されます

Android端末に戻り、iPhoneで表示されているコード番号をAndroid端末で表示されているコード入力画面に入力します。

正しいコードが入力されると「Transfer Data」画面に切り替わります。iPhoneに移行させるデータにチェックが入っています。移行させたくないデータがある場合は、チェックを外します。

「Transfer Data」画面の右上にある「Next」をタップするとAndroid端末からiPhoneへのデータ移行が開始されます。データ移行は、移行させたいデータ量によって長い時間かかる可能性があります。

移行が完了すると、Android端末の画面は「Transfer Complete」画面に切り替わり、iPhoneの画面も移行完了画面に切り替わります。

Android端末の方は「Done」をタップしてアプリを終了します。iPhoneの方は、画面下にある「iPhoneの設定を進める」をたっぷして、後続の設定手続きを進めます。

iPhoneの初期設定が完了すると、Android端末からデータが移行された形でiPhoneが起動します。これでAndroid端末からiPhoneへの移行手続きは完了です!