Mac用Affinity Publisherの無料パブリックベータ版が登場!

0
163

Affinity PhotoとAffinity Designerを提供しているSerifは、アフィニティー・パブリッシャー(Affinity Publisher)を昨年末にビデオで発表した後、パブリックベータ版を提供開始しました!開発者は発売前に無料でベータ版を使用できます。



Mac用Affinity Publisherの無料パブリックベータ版が登場!

Affinity Designer、Affinity Photoのように、Affinity Publisherは、Adobe社の同等製品であるInDesignと同じDTP向けの機能を提供します。 Adobe PhotoshopやAdobe Illustratorのようなアプリは、サブスクリプションベースでの提供となっており、Adobeと同等の機能を提供し、買い切りのAffinityシリーズは人気のアプリとなっています。


Affinity Publisherの明らかな利点は、ペルソナボタンを使用してPhotoとDesignerとの密接な統合が可能になることです。この機能を使用するには、今後のPhotoとDesignerアップデートを待つ必要があります。

Affinity Publisherでは以下の機能が使用できます

  • Finderから直接画像をドラッグ&ドロップ
  • スケール・トゥ・フィットを使用してコンテンツ・フレームに合わせて画像を自動サイズ変更
  • 指定されたマスターページから新しいページを作成
  • 編集されたマスターはリアルタイムで文書化
  • テキストの折り返しがサポートされ、装飾、ドロップキャップ、フレーム間のテキストの流れがサポート


また、今後、Affinity Publisher iPad版が登場することも期待できます。

Mac用のAffinity Publisherパブリックベータ版を無料でダウンロードは、こちらをクリックしてください。

Mac App StoreからAffinity Photo and Affinity Designerを購入できます。