IBMのパワードローンの特許申請はコーヒーなどの運搬を可能に

0
131

IBMによって提出された特許では、コーヒーをいつでもドローで配達可能にしてくれます。 USA Todayによると、米国特許商標庁に提出されたIBMの申請書類には、注文されるとオフィス、カフェ、または公共イベントのような会場で飲料を配達することを可能にするドローン技術の内容があります。興味深い部分は、これらのドローンは、予測に基づいてカフェインをとりたい人を分析して、自動でコーヒーを送達することです。



IBMのパワードローンの特許申請はコーヒーなどの運搬を可能に

最近のスマートフォンでは、食べたいものを配達注文できるアプリが盛んです。唯一の問題は、人でデリバリーできない場合は、受け取りに行く必要がある点です。 IBMは、コーヒーを欲しい人にドローンで届けることができる技術を出願しました。

このコーヒーを運ぶドローンは、DJIファントムサイズですが、モーターからの騒音公害、潜在的なクラッシュ、そして無人機がどのように購入者を特定するかといった機能を含んでします。 IBMは、顔や声の認識、電話のBluetooth信号、またはウェアラブルな電子IDを使用して識別する技術を記載しています。

この特許に関する最も顕著な点は、これらのドローンがカフェインを求めている人を予測し、注文することなくコーヒーを配達できる点です。この予測は、FitbitやApple Watchのようなウェアラブルから収集されたデータがドローンに送られ、配達するしくみになります。これらのデバイスは、より高度な活動、睡眠、バイオメトリクス分析により可能になります。

IBMが使用したい技術はとても簡単に聞こえるかもしれませんが、現実には非常に難しい偉業です。近い将来、これらの技術が実際に実現できるかは疑問です。