インテルのチップ性能を上回る?MACに搭載予定のARMの動向

0
161

Appleがカスタム設計のARM CPUを搭載したMacを検討していることは、長い間噂されています。

ARMは今後のCPUのロードマップを発表し、2020年までに、毎年15%以上のパフォーマンス向上を約束しています。この動きは「ムーアの法則」を凌ぐながれになるかもしれません。 ARMによって作成されたグラフは、2020年までにIntelチップより優れた状態になることを示しています。



インテルのチップ性能を上回る?MACに搭載予定のARMの動向

もちろん、Engadgetが指摘しているように、メーカーの主張については、常に懐疑的な部分があります。

この数字には、Intelの第8世代コア・チップは含まれていないため、コア数は2倍になり、パフォーマンス・ギャップを簡単に縮小しています。また、このレポートは、浮動小数点演算やその他のパフォーマンス特性を測定する幅広い一連のテストではなく、整数指向のベンチマーク(SPEC CINT2006)をベースにしています。

ARMはAppleのような企業にチップを直接販​​売しておらず、彼らはあくまで設計だだけをおこない、ライセンスだけを販売します。 AppleはiPhoneとiPad向けに、ARMの技術をベースにした独自のカスタムチップを設計し、ハードウェアとソフトウェアの緊密な統合により性能を最大化することができています。これはMacでも取れるアプローチであり、ARMよりも製造負担が高くなる可能性があります。