iPhoneで、位置情報をリマインダーアプリのタスクに追加し、指定の場所からリマインダーする方法

0
140


iOS標準搭載のリマインダーアプリでは、同じAppleIDで登録されているデバイスで同期ができ、タスクリストをいつでもどこでも持ち運ぶのに常に便利です。さらにリマインダは、現在地や特定の場所をタスクに追加することができます。たとえば、自宅を離れたり、特定の店舗の近くを歩いている場合、仕事場に着いた時など、現在地からリマインダーに登録した項目をポップアップで表示するように設定することができます。

この機能により、場所に関連性がある場合に通知を表示することができます。今回は、iPhoneまたはiPadでロケーションベースのリマインダーを設定する方法をご紹介します。



iPhoneで、ロケーション情報をリマインダーアプリのタスクに追加し、今の場所からリマインダーする方法

まずリマインダーアプリを起動します

次に、新しいリマインダーを作成するためプラスアイコンをタップします


新しいリマインダーを作成しあら、右にある小さな丸い「i」アイコンをタップします


リマインダーに関係する情報やオプションを含む詳細画面が表示されます

ロケーション情報のオプションを有効にするため、「指定場所での通知」のトグルスイッチをタップしてオンにします

「場所 >」をタップします

「現在地」で今いる場所をしていするか、
特定の場所を検索して、検索結果に表示された住所をタップします


Appleマップアプの連絡先リストに場所情報が保存されている場合、リマインダーアプリは、最近訪問した店舗や自宅などの特定の場所をおすすめします。 運転中の通話禁止機能のように、車に乗っているときに通知を無効にすることもできます。

リストをタップすると、ピン付きでマップが表示されます。外枠の黒い点をドラッグすると、リマインダを表示可能にする範囲を拡大または縮小することができます。場所を追加する場合は、左上隅の[詳細]ボタンをタップします、完了後、新しい場所が追加されます。

その後「完了」をタップすると、完了です!
メインのリマインダー画面には、変更した内容が反映されます。