Apple、MacBook Pro 2018モデルのアップデートをリリース、CPUスロットルと温度管理のバグ修正

0
135

Appleは本日、特定の条件下でマシンの温度管理システムに関連するパフォーマンス上の問題を引き起こすバグに対処するために、今月初めにリリースされた新型MacBook Pro向けの修理アップデートを発表しました。この修正は、新しいMacBook Proの熱管理システムに影響を与え、負荷が重い場合に必要以上にクロック速度を低下させる問題に対応するものとなります。



Apple、MacBook Pro 2018モデルのアップデートをリリース、CPUスロットルと温度管理のバグ修正

Appleは次のような声明を発表しています。

数多くの作業負荷で広範な性能テストを実施した結果、熱管理システムに影響を与えるファームウェアに欠けているデジタルキーがあり、新しいMacBook Proの熱負荷の下でクロック速度を低下させる可能性があることがわかっています。バグ修正は、今日のmacOS High Sierra 10.13.6補足アップデートに含まれており、推奨されています。新しいシステムで最適な性能を発揮できなかったお客様には、お詫び申し上げます

このバグを報告しているレポートの多くは、ハイエンドのコアi9マシンで特に発生している事を示していますが、実際には、すべての新しいMacBook Proモデルで問題が起こりえるようです。

Appleはまた、バグを多く報告しているレポートで使用されたPremiere Proを使用し、テストを内部的に実行し、今回のアップデートで問題が解決されているといいます。Appleは、今日の更新と同時にウェブサイトに結果を公開する予定です。