次世代iPhone Xは、A12チップで、4GBのRAM、10%のスピードアップでアップグレード?

0
209


人気ベンチマークアプリGeekbenchは、リリース前のApple製品に関するデータをリークすることが稀にあります。これは、2018年のiPhoneの場合にも発生した可能性がありました。



次世代iPhone Xは、A12チップで、4GBのRAM、10%のスピードアップでアップグレード?

Consomac(Venture Beat経由)で報告された内容によると、少なくとも1つの2018 iPhoneモデルは、iPhone Xよりもわずかなスピードの改善がみられるといいます。D321APマザーボードを搭載した「iPhone 11,2」デバイスは、 iPhone 9 "か、おそらく" iPhone 11 "になると報告されています。

Geekbenchの結果によると、先週テストされたデバイスは、2017年のiPhoneに見られるA11のBionicチップと同様の特性を持つARMプロセッサを搭載しているといいます。興味深い点の1つは、RAMが2815MB(3GB)から3748MB(4GB)に増え、L1命令キャッシュとデータキャッシュが32KBから128KBに改善したことです。

両方のデバイスのシングルコアのスコアを比較すると、iPhone Xから10%の速度向上が確認でき、マルチコアのスコアは約5%向上しています。


今年の次世代「iPhone 11,2」デバイスは、おそらくローエンドの液晶iPhoneになる可能性があるといいます。このモデルは理論的には、次世代A12チップではなく、改良されたA11バイオニックチップを使用されるといいます。

アップル社はAシリーズプロセッサを自社で構築しているため、次世代での改良を行う際に何を重視すべきかを決めることができます。 Geekbenchの得点は、アップルがパフォーマンスよりも優れたバッテリー寿命に焦点を当てていることを示している可能性があります。