AdobeはSenseiの推奨機能をBehanceに追加!iOSアプリを再設計

0
203


Adobeは本日、Behance iOSアプリとWebエクスペリエンスの重要なアップデートを発表します。

Behanceはクリエィティブを投稿して共有するためのサービスです。このプラットフォームは、設計コンセプト、ケーススタディ、および作業中のクリエィティブを紹介するのに使用されます。Adobeは2012年後半にBehanceを買収していました。



AdobeはSenseiの推奨機能をBehanceに追加!iOSアプリを再設計

Adobeのコミュニティプロダクト担当シニアディレクター、ウィルアレン(Will Allen)氏によると、今日の発表は4つの分野に焦点を当てており、プラットフォームに対する最大のアップデートとなります。最初は、Adobeの機械学習プラットフォームであるAdobe Senseiを搭載したログインユーザー用の新しい「For You」セクションです。 Senseiは、クリエイティブクラウドアプリで、重要な構成要素となってきています。

For You機能では、新しい作業で、自動的に最適な項目を発見して参照しフィードを提示する機能になります。AdobeのAllen氏は、好きな仕事の種類や興味を持っている分野を学び、推薦エンジンを基礎から構築してくれる機能だといいます。最も人気のあるプロジェクトを表示するだけでなく、For Youは、露出の少ないクリエイターからの作品も提示してくれます。この機能は初めに、Behanceユーザーのサブセットに導入されたのち、すべてのユーザーに展開されます。

新しいFor You機能は、Behance iOSアプリの再設計と並行してウェブ上で展開されています。

次は、「Work in Progress」という全く新しい機能です。

これはInstagram Storiesをデザインコミュニティ用に最適化されたような追加機能です。ビヘイビアユーザーは、24時間後に消える「セグメント」として、作成プロセスのビハインドショットを共有することができます。この機能は、iOS、Android、ウェブで利用できるようになります。 Allen氏は、「Work in Progress」は、クリエイターが設計に対する早期フィードバックを求めるのを手助けするように設計されていると述べています。


最後に、Adobe Liveが拡張されています。今秋、クリエイティブはリアルタイムでプロセスをブロードキャストできます。ライブ視聴者は既に毎日何時間でも参加できます。 Allen氏によると、これらのアップデートはすべて、Behaviorを仕事を分かち合うのに最適な場所にするという共通の目標のもと作られています。

新機能と新しいウェブ体験と再設計されたBehance iOSアプリは、今日からユーザーに展開されます。

Behance
ライフスタイル, ソーシャルネットワーキング無料iOSユニバーサル