Appleは、iPhoneのカメラに、3倍レンズシステムとズームアップを検討

0
60

Economic Daily Newsのレポートによると、Appleは、3枚のカメラレンズを搭載したiPhoneを検討しており、来年のiPhoneでは、ズーム機能が改善されると予測しています。ハードウェアの移行は、AppleがiSight DuoデュアルレンズシステムをiPhone 7 Plusに導入してからわずか2年後となります。iSight Duoデュアルレンズシステムは、iPhone 8 PlusとiPhone Xにも搭載されています。



iPhoneのカメラに、3倍レンズシステムとズームアップを検討

MacRumorsのレポートによると、スマートフォン市場での競争が激化しており、特に競争が厳しいカメラ周辺で、Appleは、2019年の後半に3つのレンズを搭載したiPhoneをリリースするといいます。

Economic Daily Newsによると、Huaweiは既にP20 Pro(上記写真)を搭載したスマートフォンを発表している。

プライマリセンサは40MP RBGセンサで、20MPセカンダリモノクロセンサでバックアップされます。その一次センサーはf / 1.8絞りで写真を撮影する事ができ、二次センサーはf / 1.6でも絞りで写真を撮影する事が出来ます。

最大の特徴は、遠くの撮影に使用される第3の8MP望遠センサーであり、P20 Proでは、5倍のハイブリッドズームが可能になります。

P20 Proと同様のカメラを検討しているiPhoneでは、ハードウェアで2倍の光学ズームから最大5倍(おそらく光学)までが可能に、12メガピクセルのレンズが搭載されると予測してされています。

今年は、Appleが5.8インチiPhone Xの後継機、新しい6.5インチOLEDモデル、さらに手頃な価格の6.1インチLCDモデルの3つの新しいiPhoneモデルをリリースすると噂されています。