iOS 12で、USBアクセサリの制御機能を切り替える方法

0
147


iOS 12は、新しいセキュリティ機能がオペレーティングシステムに追加されています。これらの機能の中には新しいUSB制限モードがあります。このモードを有効にすると、1時間以上ロックされているiOSデバイスに接続されているすべてのUSBデバイスを再認証する必要があります。

Lightningポートに接続できる機能、充電のみに制限されます。この制限には、同期するためのiTunes接続も含まれます。

今回は、iOS 12で、USBの接続を制御する機能をオンまたはオフに切り替える方法をご紹介します。



iOS 12で、USBアクセサリの制御機能を切り替える方法

iOS端末で、[設定]> [Face ID(Touch ID)とパスコード]に移動します。

パスコードを入力します

認証後、「アクセスを許可する」セクションにスクロールダウンします。

一番下に、「USBアクセサリ」というトグルがあります。

デフォルトでは、デバイスへの望ましくないアクセスを防ぐため、オフになっています。

これをオンにすると、すべてのUSBアクセサリを利用できます。


スイッチをオンにする必要があるケースがいくつかあります。 iTunesに定期的に同期する必要があるユーザーには必要な機能になります。

ユーザーがデバイスを1時間以上ロック解除していない場合(スリープ状態の夜間など)、デフォルトでは毎回手動で認証が必要になります。別のケースでは、iOS上でUSBオーディオデバイスに接続している場合です。