iOS 12、iPhoneとiPadでスクリーンタイムを使用する方法

0
163

スクリーンタイムは、iOS 12の新しい機能で、デバイスの使用状況をよりわかりやすく表示できます。また、親が子供の使用状況を管理し制御するのに役立ちます。今回は、iOS 12のスクリーンタイムがどのように機能するかをご紹介します。

新しいスクリーンタイムは単なる新しい機能の集合体だけではなく、新しいプラットフォームとなっています。この記事では、スクリーンタイムの基本機能の使い方をご紹介し、ダウンタイム、アプリ制限、子供向けのiOSデバイスの管理などは、今後の記事で詳しく説明します。

iOS 12は現在のところ開発者ベータ版としてのみ利用可能で利用可能です。ただし、公開ベータ版はすぐにリリースされる可能性があります。



iOS 12でスクリーンタイムを使用する方法

設定を開く

画面の時間をタップ

ページの上部にあるデバイスをタップ

現在の日または過去7日間のスクリーンタイムデータを表示

アプリの利用時間が表示されますが、生産性、閲覧、参照などのカテゴリでフィルターする事ができます。

アプリの利用時間は、iOS 11にもありますが、「ピックアップ」と通知データは新しいものです。デバイスをみた合計時間、グラフ、選択した時間枠での平均、そして最も重い使用のためのウィンドウなど表示できます。

過去7日間をタップすると、iPhoneやiPadをより長い時間枠でどのように使用しているかを知ることができます。通知データは、どの通知を無効にするかを考える時に便利です。