watchOS 5、Apple Watchでアプリ起動時にコントロールセンターと通知センターが利用可能に

0
242


watchOS 5には、Appleが基調講演で触れていなかった、すばらしい新しい機能がありますいくつかあります。

watchOS 5では、watchOSインターフェイスのどこからでも通知センターとコントロールセンターにアクセスできるようになりました。以前のバージョンのwatchOSでは、常にフェイスウォッチ表示の時のみワイプから表示可能でした。



watchOS 5、Apple Watchでアプリからコントロールセンターと通知センターが利用可能に

watchOS 5では、アプリ起動時でもこれらを表示することができるようになり、上からスワイプして通知センターを開き、下からスワイプしてコントロールセンターを開く事ができるようになりました。
今回は、watchOS 5でアプリ起動時に、通知センターとコントロールセンターを開く方法をご紹介します。

アプリ起動時にコントロールセンターを開く

時計のディスプレイの下部に指でタッチします。
約0.5秒間、押し続けます。

コントロールセンターペインのはじが下に表示されたら、画面の上に向かってスワイプすると、コントロールセンターがアプリの上に表示されます。

アプリ起動時に通知センターを開く

時計のディスプレイの上部に指でタッチします。
約0.5秒間、押し続けます。

コントロールセンターペインのはじが上に表示されたら、画面の下に向かってスワイプすると、コントロールセンターがアプリの上に表示されます。

このジェスチャーは、アプリ内で行うことができますが、Apple Watchのホーム画面やDockでは動作しません。

新しいジェスチャー機能の追加に伴い、AppleはwatchOS 5でのジェスチャー操作をガイドする微妙なアニメーションを追加しました。長押しすると、センター画面の背景が不透明な灰色で始まります。スワイプジェスチャーが完了すると、グレーは透明になります。