YouTubeの新しいダークテーマは、iPhone Xのバッテリー消費を軽減しているか?

0
173

iOS向けのYouTubeアプリは新しいアップデートで、ダークテーマを提供しています。このテーマは、iPhone Xのバッテリーの消費を軽減できる機能で、実際に軽減できるのかテストされています。



YouTubeの新しいダークテーマは、iPhone Xのバッテリー消費を軽減?

従来のLCD技術では、iPhone とApple Watchのディスプレイで、バックライトから放射された光により、色を変えるピクセル枠を通過して発色しています。つまり、画面の一部が黒色でもバックライトが常に点灯している状態でした。

LCDとは異なり、iPhone XのOLEDパネルはバックグラウンドライトを必要とせず、LED自身で発色できます。つまり、暗いピクセルは、明るいピクセルまたは白いピクセルよりも発色が少ないため、駆動するのに必要な電力が少なくなります。このため、OLEDデバイス上の暗いユーザーインターフェイスはバッテリ消費を抑えられると考えられています。

YouTubeのダークテーマを有効にするには、最新のバージョンに更新されていることを確認してから、アカウントアイコンをタップして設定に移動し、オプションをオンの位置に切り替えます。

テストでは、iPhone Xの自動明るさ調整をオフにし、自動ロックを「決して」に設定、画面の明るさを約80%まで上げて通常テーマとダークテーマの2つでテストが行われました。

通常の明るいUIを備えたYouTubeアプリのホームを開いて3時間、放置したところ、バッテリー寿命は100%から71%に減少しました。

次にダークテーマを有効にして同じテストをしたところ、今回、3時間後に、バッテリーは88%までしか下がりませんでした。

その後、3時間のビデオを再生テストを行なっており。白いUIではバッテリーが55%に落ち込み、暗いUIは同じ試験で76%に留まりました。

この試験よりYouTubeのダークテーマは、実質、バッテリーを節約している事が確認されています。

おそらく最も重要なのは、このダークテーマが、アプリのユーザー体験を損なうものではないということですが、実際には伝統的な明るい白よりも目には優しいUIとなり、ユーザー体験としても白よりは良いものと考えられます。