アップルはtvOS 12を発表!没入型Dolby Atmosオーディオ、iTunesコンテンツを無料でアップグレード

0
206

Appleは本日、WWDC 2018の基調講演で最新のApple TVオペレーティングシステム、tvOS 12を発表しました。

先月末、AppleはtvOS 11.4をリリースし、接続されたスピーカー経由でAirPlay 2のサポートをApple TVでも可能にありました。



アップルはtvOS 12を発表!没入型Dolby Atmosオーディオ、iTunesコンテンツを無料でアップグレード

今日の基調講演では、ティム・クック氏の時代からAppleのテレビ事業が50%増えたと聞きました。

tvOS 12はDolby Atmosオーディオをサポートし、Dolby AtmosとVisionの両方をサポートする唯一のサウンドバーであるDolby Atmosサウンドボードで動作します。

アップグレードされたオーディオエクスペリエンスは今秋にiTunesに登場し、適用メディアへの無料アップグレードが可能となる予定です。

Appleはまた、TVアプリと利用可能なプロバイダ、サービスに関する詳細なアップデートを行いました。チャーター・スペクトラムはライブTVをアプリで可能にし、新しい「ゼロ・サインオン(Zero Sign-on)」機能を初めてサポートする予定です。

コントロールセンターには、Apple TVのコントロールタイルやCrestonなどの企業のスマートホームリモコンが自動的に搭載され、Apple TVの制御も可能になり、Siriのサポートも可能になります。