AppleはARKit 2.0を紹介!ユーザー体験の共有、顔の追跡を改善

0
106

iOS 12の一環として、AppleはARKit 2.0を導入し、多くの改良を施しました。最新バージョンは、パフォーマンスの向上、マルチプレイヤーのサポートなどがあります。



AppleはARKit 2.0を紹介!ユーザー体験の共有、顔の追跡を改善

ARKit 2.0に加えて、AppleはUniversal Scene Description(USDZ)と呼ばれる新しい拡張現実(AR)ファイルを導入しました。 Adobeは新しいファイル形式を採用することを紹介しています。

Appleによると、ARKitには次のような改善点があります。

  • 改善された顔の追跡
  • 現実的なレンダリング
  • 3Dオブジェクト検出
  • 永続的な経験
  • ユーザー経験を共有

Craig Federighi氏は、共有体験機能を紹介しました。参加者またはオブザーバーのいずれであっても、ユーザーは同じ拡張現実(AR)を表示できます。

Appleはまた、ARKitに基づいたLego Studioアプリケーションを紹介しました。同社は、この拡張現実が 創造的な遊びの場につながると説明しています。