DELLは現在、デュアルスクリーンのWindows ARMデバイスを開発

0
396

Microsoftは、Courierのコンセプトと同じように、折り畳み式のデュアルスクリーンデバイスを開発していると長い間噂されています。今までは、特許とサードパーティーの設計コンセプトだけを見てきましたが、Microsoftの近いOEMパートナーが同様のデバイスを開発しているのではとの噂があります。 WinFutureは、DellがWindows 10と未発売のQualcomm Snapdragon 850 ARMプロセッサを実行するデュアルスクリーンデバイスを開発中であると報告しています。



DELLは現在、デュアルスクリーンのWindows ARMデバイスを開発

Dellのデバイスは、コードネーム「Januss」とされており、昨夏から開発中であるが、デバイスが市場に出るかどうかは明らかではない。 Dellは以前はモバイルWindowsデバイスを開発していましたが、これらのデバイスの開発は休止となりました。マイクロソフト社はまた、Surface Miniデバイスの開発を取りやめたばかりで、このデバイスは数週間前に公開される予定だった。

マイクロソフトの噂のデバイスは、コードネームはアンドロメダ

マイクロソフト独自の噂のデバイス、コードネーム、アンドロメダは、多くの憶測から話題となっているが、決してリリースされることはありませんでした。それでもMicrosoftは、Windows 10の将来のバージョンでこのミステリー製品への言及を含めながら、「Andromeda OS」と呼ばれるものを試している。

マイクロソフト社は、独自のデュアルスクリーンデバイスの野望だけではなく、OEMパートナーと緊密に協力して、これらのデバイスを少数用意する予定だといいます。 HP、Asus、およびLenovoはすべて、クアルコムのSnapdragon 835プロセッサとARM上のWindows 10を搭載したラップトップを製造するためにMicrosoftと協力しています。

これらのミステリーなデュアルスクリーンデバイスが、モバイルエクスペリエンスとPCの両方に対応できるものなのかは、まだ明確ではありません。 MicrosoftのCEO、Satya Nadellaは、昨年、同社の次の携帯電話が携帯電話のように見えないかもしれないとコメントしていました。