Android P DP1:新しいナビゲーションバーボタンでアプリの回転を制御、自動回転を無効にすることも可能

0
499

Android Pには大きな変更が加えられていますが、非常に便利なマイナーな調整もあります。新しく知り得た機能では、自動回転機能が無効になっていてもアプリを回転させることができる機能です。



Android P DP1:ナビゲーションバーボタンでアプリの回転を制御

現在のところ、AndroidやモバイルOSでは、ユーザーはいつでも回転するよう、デバイスで設定する必要があります。このような設定が必要なときに、クイック設定にいき、設定を変更する必要がありますが、Android Pでは、その方法を簡単にしています。

ナビゲーションバーの新しいコンテキスト認識ボタンがAndroid Pで利用できるようになり、自動回転がさらに簡単になりました。簡単に言えば、自動回転機能を無効にしておけばいいですが、ウェブページを表示したり、風景モードで誰かに写真を見せたい場合は、この新しいボタンを押すだけで簡単にその向きに変更できます。

この新しいボタンは、その他の一般的なナビゲーションキーの横に表示され、現在、ロックを解除し、デバイスを回転させることができます。たとえば、デバイスがポートレートモードにロックされていて、それを横に回転しようとすると、ボタンが表示されます。これを押すと、アプリにいる間、ボタンを押した時の向きで固定されます。