Simtoo Fairy Droneは、DJI SparkとTelloの中間に位置する小さな折り畳み式ドローン

0
1445

深センに拠点を置くSimtooは最近、「折り畳み式のフル・エアリアル・フォトグラファー」と呼ばれる新しい折りたたみ式のフェアリー・ドローン(Fairy Drone)を発表し、資金を調達するためにKickstarterでキャンペーンを開始しました。これは初心者向けの理想的なドローンで、1080pフルHDカメラ、自動追尾モード、モーションコントロールを搭載、最大16分間の飛行時間を可能にします。



Simtoo Fairy Droneの第一印象

フォーブスの記者がこの小さなドローンを試しています。彼の「ファーストインプレッション」記事では、フェアリードローンは、高価なDJIスパークと比べてまだパワーが不足していると指摘しています。

Fairy Droneは同梱のリモコンで飛行することができますが、コンパニオンアプリと同期させてスマートフォンを使って飛行させ、ドローン搭載カメラからの映像をリアルタイムで見ることができます。スマートフォンアプリでは、2つの制御方法、オンスクリーン仮想ジョイスティックまたはモーションセンシングを搭載しており、接続は簡単です。ドローンの飛行は滑らかですが、それはとても軽いため、風の強い状況では操作に苦労します。

彼はまた、ビデオの品質は1080p HDで期待したものではないことを指摘しています。映像は不安定な部分があり、Simtooによると、これはソフトウェアの問題で、数ヶ月後に解決される予定だといいます。

Simtoo Fairy無人機はDJI Sparkと比較するとまだ不十分な箇所がありますが、Ryze Telloドローンと比べると良い仕様になっています。Ryze Telloドローンは最近、発売されたドローンで、DJIとIntelとの提携で開発されました。 Telloはさらに軽量で、720pのビデオ映像と5MPの静止画を提供します。 TelloはDJIのオンラインストアで販売されています。

Simtoo Fairy Droneの仕様:

  • 1080p(30 fps)フルHDカメラ
  • 8メガピクセルの静止画像
  • 1/3 “Sony CMOSセンサー
  • カメラを60度下に傾けることができます
  • 重量:140グラム
  • 折りたたみ可能
  • 16分の飛行時間
  • 自動トラッキング
  • SLAM 3D正確な位置ホバリング
  • モーションコントロールモード
  • ホームモードに戻る
  • GPSトラッキング
  • 3つの飛行モード(低、中、高)

これまでのところ、Simtooは1,171人の支持者から約153,135ドルを達成しています。目標額29,867ドルをはるかに上回っています。Kickstarterへの出資で最低99ドルから入手することができます。7月には配送される予定です。