ProカメラアプリObscura 2は、iPhone X向けに最適化!新しいフィルタ、メタデータビューアなど

0
2043

最近、カメラアプリ市場が激しさを増しています。iPhoneの標準カメラアプリは一般のユーザーにはには充分ですが、意図的にISOやシャッター速度を手動コントロールしたい場合などの高度なオプションはありません。また、iPhone Xでは、標準のカメラアプリは未使用の空きスペースがあったり、手に届きにくいトップツールバーがあったりと操作に適していない部分があります。



ProカメラアプリObscura 2

Obscura 2は、App Storeで公開されているプロカメラアプリの市場で有力なプロカメラアプリです。メイン画面には、iPhoneで、片手で簡単に操作しやすいよう、画面の下3分の1にすべてのコントロールが組み込まれています。露出とフォーカスを変更するための専用ボタンがあり、シンプルな「コントロールホイール」ダイヤルには残りのコントロールが搭載されています。 Obscuraには、フィルタ、ジェスチャ、美しく統合されたフォトライブラリブラウザが豊富に用意されています。

Obscuraのナビゲーションインタフェースには十分考慮された機能が搭載されています。親指だけですべてのカメラコントロールにアクセスでき、ディスプレイのほとんどはビューファインダーが見れます。ダイヤルは、さまざまな設定を小さなスペースにまとめるための巧妙なユーザーインターフェイスになっています。単一のUIでフィルタ、ズームモード、グリッドオーバーレイ、フラッシュオプション、タイマーコントロール、ファイル形式などをスクロールして操作できます。

露出、フォーカス、シャッタースピード、ISOオプションには画面の左右にボタンが付いています。このボタンをタップするとメインのダイヤルがスワップされ、関連する値が調整されます。すべてのアプリのクロムは、黒、白、濃い灰色のモノクロのテーマで、iPhone XのOLEDディスプレイでは素晴らしいカラーバランスです。

ダイヤルUIは、片手操作が難しい問題に対して興味深いアプローチを取っています。親指に届く範囲内で必要なものをすべて操作できるようになっており、片手で完全に操作できるようにします。

Obscuraで、お気に入りの機能の1つはSpirit Levelです。スピリットレベルを有効にすると、画面に半透明の線が表示され、デバイスの加速度計を使用してiPhoneの傾きを表示します。この線は、デバイスがまっすぐであるときにディスプレイの幅を埋めるように拡張されているため、満足なショットを撮れるようになっています。プロユーザーは複数のフォーマットで同時に画像を保存することができます。たとえばRAW + HEICを撮影することができます。

ライブラリ画像をタップすると、簡単な編集機能と共有オプションだけでなく、メタデータの詳細情報も表示されます。撮影されたデバイス、焦点距離、絞りの設定など、写真に添付されているすべてのテクニカルEXIF情報を見ることができます。緯度/経度の座標が表示されます。開発者は、視覚的なマップビューが将来のアップデートで登場すると述べています。

高度なカメラアプリとしてふさわしく、Obscuraはカスタマイズ可能な多くの設定が可能です。たとえば、関数上にマウスを置いたときにコントロールホイールが自動的に開閉するように設定することができます。 UIの仕組みを把握すると、これは本当に便利な機能です。

ボリュームボタンを押したときの写真の撮影からロックの露出まで、実行するアクションを選択できます。ビューファインダーのショートカットジェスチャーもあり、設定で再度カスタマイズできます。ライブラリビューに表示する写真の数や、スクリーンショットと隠し画像を完全に非表示にするかどうかなどの表示オプションを選択することもできます。

将来、ObscuraはApple Watchのリモートビューファインダーモード、ホワイトバランスコントロールなどを追加することを約束しています。 1.0の最大の欠点は、ポートレートモードでボケさせる機能がサポートしていないことです。写真を撮るときに奥行きマップをキャプチャすることができますが、Obscuraはそれをうまくまだ利用できないようです。幸いにも、ポートレートモードも開発中とのこと、今後の対応が期待できます。

Obscura 2
写真/ビデオ, ユーティリティ¥600iOSユニバーサル