Googleの2要素認証をGmail for iOSで受信できるように

0
121


Googleは昨年、デバイスベースの通知機能を使ってSMSをデフォルトの2段階認証方法に採用しました。Googleは、Googleアプリのダウンロードを拡大させるため、iOSユーザーには、ログイン時に2要素認証用のGoogleアプリをインストールするよう通知し、Gmailモバイルアプリで2要素認証をかんできるようになりました。



Googleの2要素認証をGmail for iOSで受信できるように

テキストメッセージによるセキュリティコードの送信はなりすましに弱いため、Googleは「Googleプロンプト」と呼ばれる方法で2要素認証を実現しています。Googleのアプリやサービスにログインすると、設定した携帯電話あてに確認を促す通知が届き、Googleのアプリにログインして認証を完了させることができます。

この方法ですと、より安全なことに加えて、認証画面には、ログインに使用されているブラウザとオペレーティングシステム、場所、IPアドレス、および正確な時刻を表示し、本人と特定できる多くの情報から認証を完了させることができます。

iOSでは、検索とフィードの完全な体験を提供するプライマリGoogleアプリをインストールするよう促します。

興味深いことに、GoogleとGmailの両方がiPhoneまたはiPadにインストールされている場合、プロンプトは後者のメールクライアントをデフォルトで開きます。このセキュリティ機能は、今後数週間ですべてのGoogleユーザーに公開される予定です。