Googleは、ライトフィールド技術のためにVRカメラ会社Lytroを買収?

0
252

先週、Googleはライトフィールドを使った実験を発表し、反射と深みをキャプチャできる技術を開発しました。このバーチャルリアリティプロジェクトの後ろには、Googleが現在、ライトフィールド技術を長年に渡って専門にしているLytroを買収していると伝えられていいます。



Googleは、VRカメラ会社Lytroを買収?

Lytroの最初の目的は、スナップするたびに光線の色、強さ、方向をキャプチャすることで、ショット後のリフォーカスを可能にするライトフィールドカメラを作成することでした。正方形のチューブとしてアイコン的に形作られた最初の2モデルは、2014年に従来のDSLRカメラのように見えるデバイスに置き換えられました。

2015年には、「Light Field Volume」または「特定のボリューム内のあらゆる場所、あらゆる方向からのデータをキャプチャできるリグを使用し、プロフェッショナルVRビデオを作成しました。これにより、あらゆる場所から仮想ビューを生成でき、どんな視野、どんな方向にも向むくビデオを開発しています。

この買収の噂(TechCrunch経由)は、GoogleのVR部門がシーンをよりよく捕らえるためにライトフィールドを試していることからきている。バーチャルリアリティでは、この技術は「動きの視差と、非常にリアルなテクスチャ、ライティング」を可能にします。

明るいフィールドでは、近くのオブジェクトが近くに見えます。頭を動かすと、動きにあわせて明るさも動きます。遠く離れた明るさの移動は少なく、光はオブジェクトからの反射が異なって見えるため、3D空間を見ているような錯覚をひきおこします。

TechCrunchは、Lytroの従業員全員がGoogleに参加するわけではないといいます。ライトフィールドやその他のデジタル画像技術に関する59件の特許により、同社の技術はGoogleのVRを強化することができるといいます。

Googleは現在、16個のカメラを垂直円弧に配置し、回転するプラットフォーム上に静止したジャンプVRリグを使用してライトフィールドをキャプチャしています。先週、同社はHTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Realityヘッドセット用の「Light Fieldsへようこそ」アプリをリリースしました。

一方、Googleのハードウェア部門責任者であるRick OsterlohはLytroの取締役会に参加することになりましたが、この買収はAR / VR部門向けに行われる可能性があります。