マイクロソフトは、21世紀っぽいインナーオフィスコラボレーションをSurface Hub 2で実現

0
133

マイクロソフトのSurface ライン商品は、ハイエンド製品も提供しています。 ハイエンド製品のSurface Hubは2015年に初めて発表されました。今回、Surface Hub 2と呼ばれる最新バージョンが登場しています。

Surface Hubは、大画面での作業を可能とし、ユニークな機能で企業向けに設計されています。Surface Hub2はさらに機能拡充されており、チームワークで新しいものを創造するユニークな方法を提供します。

MicrosoftはSurface Hub 2で会議室やデザインスタジオに変革をもたらす計画を立てています。

Surface Hub 2は、マイクロソフト社がオフィスコミュニケーションをどのように期待しているのか、そして現在取り組んでいる情報化時代にどのように機能するかを考えています。

この新しいデバイスは、チームによって使用されることを前提に設計されています。この画面は、Microsoftのチーム、ホワイトボード、Office 365、Windows 10などの機能を回転させて利用できる4K + 50.5インチのマルチタッチディスプレイから構成されています。

広範囲で読み取りができるマイクアレイ、内蔵スピーカー、および4Kカメラは、世界中にいる同僚とのチームコミュニケーションを可能にしています。

このホワイトボード型の巨大なモニタは、ローリングスタンド上でも使用することができます。ダイナミックに回転し、向きにかかわらず、ディスプレイは使いやすい仕様になっています。

複数のSurface Hub 2を並べると、コンテンツを並べて表示することができるため、大きなプロジェクトでは便利です。

Microsoftは、今年、特定の商用顧客に対してSurface Hub 2のテストを開始する予定です。このビジネスコラボレーションツールの詳細については、マイクロソフトの専用ランディングページをご覧ください。