Apple、MacBookバタフライキーボードの不具合に伴う集団訴訟に直面

0
126


AppleのMacBookバタフライキーボードのデザインは、現在、法律上の問題を引き起こしています。新しいクラスアクションの訴訟は、Apple社が発売前のキーボードデザインの信頼性に関する問題を認識していながら、バタフライキーボードをリリースしたと問題を指摘しています。



Apple、MacBookバタフライキーボードの不具合に伴う集団訴訟に直面

Apple Insiderの概要によれば、カリフォルニア州北部地方裁判所に提出されたこの訴訟は、12インチMacBookとMacBook Proの両方を含んでいます。

この訴訟では、「何千人ものユーザーがバタフライキーボード装置に問題を抱えており、最終的に役に立たない状態になっている」と主張しています。この訴訟では、「ほこりや破片が最小限であっても」キーボードが故障し、MacBookの「中核機能」の1つが壊れてしまうといいます。このため、デバイスは通常の使用目的や意図された用途には使用できなくなると主張しています。

アップルのMacBookバタフライキーボードは、ほんの少しの量のほこりやゴミがキーの下または周囲に蓄積すると、キーストロークが登録されないよう組み立てられます。これによりキーボードの欠陥はMacBookの中核機能を損なうことになるといいます。

キーボード上、1つ以上のキーに障害が発生すると、MacBookはその重要な機能を果たせなくなります。したがって、この欠陥がMacBookに現れた場合、コンピュータは正常に機能しなくなり、意図された用途には適さなくなります。

訴訟では、アップル社は「MacBookに欠陥があることを知っていた」と主張している。さらに、12インチMacBookの使用上の問題点を知りながら、MacBook Proにもバタフライキーボードを持ち込み、「プレミアム価格」で販売していたと主張しています。

さらに、この訴訟は、アップルのマーケティング問題を抱えています。これは、バタフライ・キーボードが「従来のはさみ機構よりも4倍のキー・スタビリティを提供する」とうたっていました。

この訴訟では、アップルがキーボード欠陥を明確にし、初期のノートパソコン購入に対する、払い戻しや、ユニット交換のための損害賠償、法的手数料などが求められています。

今回が、バタフライ・キーボードに対する初めての問題ではありません。今月初め、アップル社は、MacBookの欠陥のあるキーボードを回収して交換するように要請を受けていました。その訴状には17,000件以上の署名がされています。