iPhone SE 2は、9月にFace ID対応で登場、デザインの詳細は未定

0
195

iPhone SEについてはかなりの情報が出てきていますが、デバイスの仕様については不明な部分がたくさんあります。最新の情報には、サプライチェーンのニュースサイトMacotakaraからのレポートがあり。Macotakaraは、iPhone SE 2について新しい展開を報じています。



iPhone SE 2は、9月にFace ID対応で登場、デザインの詳細は未定

最初の情報では、iPhone SE 2は今年の9月まで発売されないといわれています。サプライチェーンの関係筋によると、iPhone SE 2の量産はまだ始まっていないといいます。

デザインに関しては、Appleは「まだ最終決定を下していない」とし、複数のプロトタイプをテストしているといいます。この報告書によると、Appleは「現在のiPhone SEと同じフォーマット」と6インチのディスプレイを搭載したモデルをテストしているといいます。

しかし、このレポートでは、「すべてのプロトタイプに共通する点は、ノッチデザインとFace IDのサポート」だといいます。

このレポートの内容を確認するのは難しいですが、ここで推測できることがあります。詳細なプロトタイプの1つは、現在のモデルと同じ物理的なフォームファクターを持つiPhone SE 2のようですが、前面はiPhone Xと同じノッチデザインになっているといいます。エッジトゥエッジディスプレイになっており、全体的には同じ形状を維持したまま、わずかに大きなディスプレイを構成するものになります。

もう1つのモデルはiPhone SE 2より全体的な形状がわずかに大きくなっているもので、エッジツーエッジのデザイン、6インチディスプレイを搭載しています。

また、Macotakaraによると、今後の6.1インチLCD iPhoneモデルとiPhone SE 2が混乱した仕様になっているといいます。他の報告によると、Appleは今年、6.1インチのLCDディスプレイを搭載した新しいiPhoneフォームファクターを搭載していると主張しており、ここで説明している「iPhone SE 2」と酷似しているようです。

結局のところ、今日までの報告では、その仕様が必ずしも明確ではなく、情報源に疑問がある状態なため、今後のさらなる情報に期待したいところです。