Facebookは、Androidデバイスから電話帳や通話履歴、SMSデータを収集していた!

0
146

 
 

今回のFaceBookのプライバシースキャンダル以降、さらいにFaceBookがSMSデータを収集しているとの問題が取り挙げられている。Facebookは数年間、Androidデバイスからの通話記録とSMSデータを収集しているという。

数名のTwitterユーザーは、ダウンロード可能なFacebookデータファイルから、何ヶ月間、何年間もの通話履歴データを発見したと報告しています。



FacebookはAndroidデバイスから通話履歴とSMSデータを収集?

最近のケンブリッジ・アナリティッカのプライバシーに関するスキャンダルにより、多くのFacebookユーザーは、Facebookがそのアカウント関連したデータをダウンロードしはじめており、数名のユーザーは、そのデータの中身をみて驚いています。

データをダウンロードした、あるFacebookユーザーによると、

私の削除したFacebook Zipファイルには、約1年間かけて保存してきた携帯電話の連絡先とテキストの情報がすべて入っていました。

と述べます。

もう1人、ディラン・マッケイ氏も、「どういうわけか、相手のお母さんとの通話履歴が共有されている」と話している。

他のゆーざーは、家族などの機密な連絡先がFacebookの通話記録で追跡されていることに驚愕しています。

Ars TechnicaはFacebookが、友人の推薦アルゴリズムを改善するため、ビジネスの連絡先と本当に個人的な友人関係を区別するために、Androidデバイスの連絡先、SMSデータ、通話履歴へのアクセスをFacebookが要求し、許可された場合は情報の取得をおこなっていると報告しています。

Facebookはメッセンジャーアプリを通じてこのデータを収集しているようで、これはAndroidユーザーにデフォルトのSMSクライアントとして引き継ぐように促した際に取得しているようです。

Facebookは少なくとも最近、電話とテキストの履歴を含む連絡先データを「継続的にアップロード」するための大きな青いボタンをユーザーに提示するオプトインプロンプトを提供している。

データ収集に関連してこのプロンプトがいつ表示され始めたのか、それはいつもオプトインであったのかどうかは不明です。いずれにしても、Facebookのサーバーに保存されている通話履歴データを見つけた人がいることは、明らかです。

 

Facebookの連絡先アップロードの警告

iPhoneについては、FacebookはAppleのプライバシー管理のおかげでこのデータをiPhoneから収集することができなかったようだ。

最近のプロンプトで明らかにされているが、Ars Technicaは、Androidの許可がはるかに厳しくない時代に、Facebookがスマートフォンの個人データを収集していたのではないかと指摘しています。 GoogleはAndroidのアクセス許可を変更してより明確かつ細かくしましたが、開発者はこれを回避して、Googleが10月に古いAndroid APIを非推奨にするまで、通話とSMSデータへのアクセスを継続できていたようです。

Facebookは調査結果に応じているが、ソーシャルアプリに連絡先をアップロードするときにアプリが通話履歴にアクセスするのは通常のことだと主張しているうよだ。

Ars Technicaの問い合わせに応じて、Facebookのスポークスパーソンは、「友人とつながる系のアプリやサービスで、最も重要な部分は、繋がりたい人を簡単に見つけることができるようにすることです。 」と弁解している。

「初めて携帯電話でメッセージングやソーシャルアプリにサインインする際には、電話の連絡先をアップロードすることから始めるのが広く一般的です。」
ともコメントしている。

iOSデバイスでは、同じような、通話記録とSMSデータ収集が行われていたか、まだ検出はされていません。 Appleはスパム通話やテキストをブロックするなど、限られた方法でこのデータにアクセスすることを許可しており、これらのアプリは、サードパーティのキーボードを有効にするのと同様のプロセスによって特別に有効にする必要があります。大部分のiOSアプリは通話履歴やSMSメッセージにアクセスできず、FacebookのiOSアプリはiPhoneでこれらのデータを取得はできません。

Facebookは、このデータ収集に関するいくつかの追加の質問に答える必要があるかもしれません。