MacBook Proのバタフライキーボードに不具合がみつかる?Apple社にリコールを求める嘆願書が提出

0
321

Appleのバタフライキーボードのデザインは、導入されて以来、一部のユーザーはバタフライキーボードを高く評価している一方、その他のユーザーは多数の問題を抱えています。Change.orgは、Apple社にバタフライキーボードのリコールを求め、「別の作業用キーボード」に置き換える活動をしています。



MacBook Proのバタフライキーボードに不具合がみつかる?Apple社にリコールを求める嘆願書が提出?

Change.orgの嘆願書はMatthew Taylor氏によって作成されており、Appleが2016年後半以降にリリースしたすべてのMacBook Proをリコールし、キーボードを新しく設計された方法に置き換えるよう求めています。興味深いことに、この嘆願書では、12インチMacBookについては言及していない。

Change.orgのçの内容は以下の通りです。

2016年後半以降にリリースされたすべてのMacBook Proに対し、それらのキーボードをそのまま再設計された新しいキーボードに置き換えてください。

なぜなら、これらのキーボードは機能しないからです。

アップルの現行のMacBook Proモデル(13インチと15インチ)はいずれも、デザインの不具合によりいつでも故障する可能性があるキーボードで販売されています。

テイラー氏によると、この申立は強制的なリコールを要求しているのではなく、キーボードの問題を抱えているユーザーが違うデザインのキーボードに取り替えられるようにするものだと述べています。

テイラー氏は、「キーボードを確実に動作させたいと思っている人たちのために、再設計された交換用キーボードを提供するリコールプログラムを依頼している」と述べています。

導入されて以来、信頼性の問題で、Appleのバタフライキーボードデザインは悩まされてきました。特に、アップル社が2016年にMacBook Proにこの仕組みを導入したときに悪化していました。ユーザは、スタックキー、ランダムにダブルプレスするなどの問題を報告している。 Appleは、問題のデバイスが保証の対象となっている場合のみにキーボードを交換する対応を行っている。