Wear OSのGoogle Assistantは、スマートサジャスチョン、音声による返信、アクションをサポート

0
172

近年、Wear OSは、ブランドからAndroid P開発者向けプレビューに至るまで、著しい発展を遂げています。今週2018年のI / Oを控え、Googleは、Googleアシスタントをさらに充実させるためにいくつかのアップデートを発表しています。



Wear OSのGoogle Assistantは、スマートサジャスチョン、音声による返信、アクションをサポート

ユーザーが直面する最大の課題は、Google Assistantでスマートサジャスチョンを追加することです。アシスタントに質問をした後にスクロールすると、ユーザーは会話の続行に選択できる丸いバブルで、関連する提案(フォローアップの質問など)のリストが表示されます。

天気を聞く場合、これらの反応には、今夜の天気、明日、今週の天気、そして摂氏に切り替える機能が含まれます。迅速な対話を提供することを目的としたGoogleのメモと、アシスタントが各画面の下部に候補チップのカルーセルを表示させ、スマートフォンで動作する方法と同様のものになります。

一方、アシスタントは、ペアリングされたBluetoothヘッドセットまたは内蔵時計スピーカーのいずれかを使用して関連する返信を行えます。

たとえば、仕事中に音楽を聴いている場合は、Googleアシスタントに「自分の日程について教えてください」と尋ねてみましょう。通勤時間や今後のアジェンダなどの有益な情報が、スマートウォッチのスピーカーか、使用しているBluetoothヘッドフォンから聞くことができます。

最後の変更点は、Wear OSのアシスタントアクションの可用性です。今日から、100万を超えるアシスタントアプリがサポートされ、スマートウォッチで利用可能になります。

音声応答以外にも、ディスプレイにテキストを表示する機能があります。I / O 2018では、Googleがこれら体験を構築する方法について詳細情報を提供する予定です。

Googleによると、これらの新機能は「今後数日間で」展開されています。