Appleのクロスプラットフォーム・アプリ機能が2019年までリリースされない可能性

0
90

ここ数ヶ月、AppleはiOSとmacOSの間で利用可能な新しいクロスプラットフォーム・アプリ機能を開発しようとしているとの報告がありました。この機能はiOS 12に搭載されていると推測されていますが、新しいレポートによると、2019年には登場せず、当初考えられていたほど広範囲の対応では無いかもしれません。



Appleのクロスプラットフォーム・アプリ機能が2019年までリリースされない可能性

Daring Fireballのジョン・グルーバー(John Gruber)の報告書によると、クロスプラットフォーム対応機能は「コントロールAPIのようなもの」とされており、基本的に、この機能は、開発者が古典的な手続き型コードを書く必要はなく、別のフォームを使用して機能とその属性を宣言できるものだといいます。

報告書には、そのような機能について「本質的なクロスプラットフォーム」的なものは何もないと説明されており、特定の状況下のみクロスプラットフォームとして機能すると言います。たとえば、iOSとmacOSのAPIの違いを解決したり、クロスプラットフォームのUIフレームワークを作成したりします。

Gruber氏は、今年WWDCでこの機能が立ち上がるのは「ほぼ確実」だと述べていますが、限定的な機能提供で2018年にリリースされると予測しています。