Android P DP2:新しい音量スライダーが洗練されたデザインで小さいサイズに

0
214


Android Pの最初の開発者プレビューでは、大きな新機能の代わりに多くの設計変更が導入されました。最も注目すべき設計変更の1つは、新しいボリュームスライダのデザインになります。現在、Android P Betaリリースでは、Googleがそのデザインを改良し、いくつかの新しい機能を追加しています。



Android P DP2:新しい音量スライダーが洗練されたデザインで小さいサイズに

まず、スライダそのものを見てみましょう。最初のプレビューと同様に、スライダは電話機の音量ボタンの横に垂直に取り付けられます。また、デフォルトでは、リンガーの代わりにメディアコントロールが使用され、スライダーの上にはリンガーモードを切り替えるためのショートカットがあります。

Android Pの最新バージョンでは、このスライダーが大幅にスリム化されています。これは、携帯電話の側面に沿ったスペースが少なくてすみます。ストーリーは短く、ボリュームスライダのスペースはかなり少なくなり、よりクリーンなものになります。


改訂されたスライダーに加えて、Googleはリンガーモードを調整するための新しい機能も提供しています。ボリュームアップと電源ボタンを同時にすばやく押すことで、リンガーを振動またはミュートに調整することができます。オプションは実際にはデフォルトで有効になっており、振動するように設定されています。

この機能は間違いなく便利です。設定>サウンド>「ショートカットを使用して呼び出し音を鳴らす」で設定できます。