Facebookは子供のための安全なメッセージングアプリを提供へ

FacebookはMessenger Kidsという子供向けのMessengerのバージョンを公開しようとしています。安全面に重点を置いており、すべての連絡先は両親の承認を受けなければなりません。

このアプリは、iOS、Androidで、月の後半にリリースされる予定です。

Engadgetは、このアプリはいくつかの問題を克服するように設計されていると報告している。まず、多くのメッセージングアプリケーションでは、若い子供にはない電話番号が必要であるという事実があります。

ほとんどの子供は電話番号のないタブレットやiPod Touchを使用する傾向があるため、通常のテキストメッセージやビデオチャット、FaceTimeやハングアウトのようなアプリを使用することもできますが、ほとんどの場合、特に若い子供の場合は、親が必要とする制限コントロール下での使用になります。

第二に、安全性が求められます。 Facebookアカウントではなく、Messenger Kids特有のアカウントを作成する必要があります。そして、利用には、すべての連絡先の承認が必要になります。

親は連絡先を追加できる唯一の管理者です。追加する方法はFacebookを通して行きますないます。おばあちゃんやおばあちゃんのような家族を追加する場合は簡単です。大人は通常のメッセンジャーアプリを使ってメッセンジャーキッズの子供たちと話をすることができます。相互運用可能な仕様です。

子供と保護者の両方がいつでも連絡先をブロックできます。子供がする場合、親に通知されます。親が行う場合、子はそれらを再追加することはできません。また、いずれかのアプリを通じて問題の連絡先を報告することができます。

FacebookのプロダクトマネージャーであるLoren Cheng氏は、Messenger Kidsでは、Facebookにあるすべてのレポートを確認し、有害と思われるアカウントを積極的に禁止する専用チームを持っていると語った。

Facebookは、すべてのステッカーやその他のグラフィックを選別し、年齢に合ったものであることを確認し、広告がないことを明らかにしている。