LGの記録的な利益は、サムスンがOLEDテレビ分野での減少をしめす?

0
196

LGは、今年、第1四半期は、過去最高の売上高15.1兆2,000億ウォン(1.11億米ドル)を上回る1.11兆ウォン(10.3億米ドル)の黒字を達成しました。中でも卓越した部門は、ハイエンドOLEDと「スーパーUHD」LED 4Kテレビの販売を中心に、前年同期比で76.5%の営業利益の増加を報告したLGのホームエンターテイメント部門でした。 LGはプレミアムテレビ市場で「急成長」を遂げているといいます。



LG、ホームエンターテイメント部門の記録的な利益

LGの最大のライバル、サムスン(Samsung)もTV部門のハイエンドセットに注力しているが、ラインナップから安価な製品を除いて収益は同じ四半期とくらべ減少した。両社は、6月のサッカーワールドカッのために、第2四半期のTV販売が好調になると予想しているが、LGの成長はより強力に成長している。

LGのOLEDセットは、現在、購入できる最高品質の液晶技術となっており、LGディスプレイと提携することは、本質的に、LGおよび他のテレビ会社のためのOLEDパネル生産に関する独占権を意味します。昨日、LG Displayは、OLEDパネルの需要が “上昇している”と述べ、製造コストを削減する研究開発のおかげでより収益性が高くなったと述べています。サムスン電子は、OLED TVをまったく製造していない一方で、新しいMicroLED技術を市場に投入するという長期的な目標を掲げ、現在、量子ドットLEDテレビの「QLED」を推進している。同社は、1月にCESで「The Wall」と呼ばれる巨大なモジュール式MicroLED TVをデモンストレーションし、8月から販売する予定です。