2018年のLCD iPhoneは、より強いディスプレイガラスを搭載

0
203

Appleは秋に3つの新しいiPhoneモデル、OLEDディスプレイを搭載した2つのハイエンドモデル、LCDディスプレイを搭載した6.1インチのiPhoneを発表する予定です。KGIのMing-Chi Kuo氏の新しいレポートでは、期待されているLCDモデルについての詳細を共有しています。



2018年のLCD iPhoneは、より強いディスプレイガラスを搭載

KGIのKuo氏は、アップルが、より耐衝撃性と軽量性を備えたより強いディスプレイガラスを採用すると考えている。

ローエンドのiPhoneは、はるかに薄いCGS(Cover Glass Sensor)プロセスを使用していると言われています。アップルはまた、タッチフィルムセンサーに加えて、薄膜センサーを追加すると伝えられる。現時点ではこの層が何であるかは不明ですが、タッチパネルのコストを15%増加させることになります。

また、2つのOLEDモデルを含むすべてのiPhoneが2019年にCGSプロセスを採用すると述べている。これは、ディスプレイガラスの信頼性を向上できるものになります。

サプライヤは、CGSプロセスのコストが以前のiPhoneディスプレイのプロセスよりもわずかに高いため、収益は若干増加すると見ています。