Gmail、過去最大のUI改善・機能再設計でついにリリース!スヌーズ、ナウジング、ホバーアクション、新しいサイドバーなど

0
325

今日、世界で最も普及している電子メールサービス、Gmailは、大きなUI改善・機能再設計でついにリリースされました。 Googleは、Gmailの変更を正式に発表し、電子メールのスヌーズ、ナッジ、機密モードをデビューさせ、Web上でのGmailの大幅なUI再設計を行っている。新しいGmailは、今日から段階的にリリースされています。すぐにGmailの14億人のユーザーが利用できるようになるわけではありませんが、アップデート通知を受け取り、Gmail上から利用をオンにすると利用を開始できます。

Gmailの主任プロダクトマネージャーであるJacob Bank氏は、今日のリリースに先立ち、「人々をより安全かつ生産的にする」という視点で、再設計が行われたと述べています。



Gmail、過去最大のUI改善・機能再設計でついにリリース

新しい機密モード

新しい機密モードでは、電子メールの有効期限を設定し、受信者の転送やコピーを防止する機能を提供します。

安全面での目玉機能は、新しい機密モードにあります。これにより、送信者はメールの有効期限を設定したり、完全に取り消すことができます。 Googleは機密コンテンツを直接送信しないように制御できるようになります。メールボックスだけに存在し、Gmailアカウントまたは別のメールサービスから、httpsを使用して、受信者のみがアクセスできるコンテンツリンクを送信します。いずれの場合も、送信者は相手がメッセージにアクセスできる期間を管理できます。基本的には、期間限定のアクセスライセンスを手渡す形になります。

また、統合された権限管理(IRM)は、特定のメッセージの転送、コピー、ダウンロード、または印刷をブロックすることを可能にします。

機密モードには、メッセージごとの2要素認証(2FA)も追加されています。機密メールを開く前に、テキストメッセージで受信したパスコードで受信者に認証を要求することができます。

Googleはまた、フィッシング詐欺の防止に焦点を当て、セキュリティの再設計を行なっています。

Googleの機械学習アルゴリズムは、受け取ったすべての新しいメッセージについて安全性チェックを実行します。Googleは、この機能について以下のように述べている。

「フィッシング対策への投資は劇的に増加しました。ユーザーの視覚的な視点で、Googleはフィッシング警告を基本的なバナーから巨大な色分けされたアラートにまで広げている。 Gmailが潜在的に悪意のあるメッセージや詐欺メッセージを検出したときに、ユーザーに必要な行動を促すメッセージが表示されまます。」

便利なスヌーズ機能

Gmailの受信トレイにあるメッセージにカーソルを合わせるだけで、メールをスヌーズできるようになりました。

現在、電子メールのスヌーズはサードパーティの電子メールクライアントに共通する機能でしたが、GoogleはGmailに直接統合しました。受信トレイの各メッセージの上にカーソルを置くと、電子メール一覧に、アーカイブ、削除、マークしたり、後でスヌーズ等の新しいホバーメニューが表示されます。モバイルGmailのアプリにもこの変更が反映されるかどうかについては言及されていませんが、ウェブ上のGmailは、アプリに似た感じの操作になっています。ウェブ版のもう一つの素敵な機能は、会話を開くことなく、受信トレイから直接電子メールの添付ファイルにアクセスできることです。

新しいナッジ機能

Googleは、電子メールのナッジを追加し、時間を敏感なアクションやレスポンスが必要であると認識したものを再開することで、さらに一歩進んだ対応を可能にします。

 Gmailの新しいナッジ機能は、時間の掛かるレスポンスが必要と思われるメールを再現します。

機能的なUIの変更

アップデートの中で、ウェブ上のGmailで、最も機能的なUIの変更は、新しい折りたたみ可能な右側サイドパネルの追加かもしれません。

これは、GoogleのG SuiteアプリをGoogleカレンダー、Google Keep、新しいGoogle Tasksと統合して新しいホームメニューを構築することを目的としています。サイドパネルを使用すると、ミーティングを整理したり、1日を計画したり、電子メールを残さずに別のタブや別のアプリにいくつかのメモを書き留めることができます。対応するGoogleタスクモバイルアプリは、今日iOSとAndroidの両方でリリースされています。