iOS向け最新のApp Store再設計により、注目アプリのダウンロード数が800%増加

0
269

iOS 11 からのApp StoreUIアップデートは、賞賛をえられているようです。

Sensor Towerの新しいレポート(TechCrunch経由)によると、App Storeで紹介されたアプリが、特に「Today」や「ゲーム」スポットでダウンロード数が最大800%増加していることを示していると言います。



iOS向け最新のApp Store再設計により、注目アプリのダウンロード数が800%増加

Sensor Towerは2017年9月(iOS 11の発売月)から今日までのデータの統計を取っています。

「ゲーム」でスポットが当たったアプリのダウンロード数は、iOS 11 でApp Store がリニューアルされる前とくらべると802パーセント増加しているといいます。

それほど大きくはないが、App Store ストリーやApp リストに掲載されているアプリは、ダウンロード数で平均で222〜240%の増加があったと言います。

しかし、アップルがプロモーションを好んですすめていることは面白い兆候です。

それは、昨年9月に新しいApp Storeが発売されて以来、上位15位に特集されたパブリッシャーのうち13社で、米国のiPhoneのダウンロード数が少なくとも100万件に達していることがわかりました。アップルがこれらのパブリッシャーを強調することは珍しことではありません。その多くゲームのパブリッシャーなどは、複数の人気アプリがあり、それらの人気のアプリがアップデートを取得したり、新しいリリースをすることに消費者は注意を払っているからです。