Google 検索オートコンプリートは、暴力的で、不適切な発言を減らすためポリシー拡張

0
305

オートコンプリートGoogle検索は、しばしば、面白く、検索されやすい広範囲のクエリを表示する便利な機能です。しかし、この機能は不適切な予測を示すことがあり、Googleは、今後、オートコンプリートで表示される検索キーワードで不適切なものを排除していく予定です。



Google 検索オートコンプリートは、暴力的で、不適切な発言を減らす動きに

Google、ウェブ、iOS、Android、ChromeのOmniboxに表示される予測は、個々の単語からフレーズ全体に及ぶものです。 Googleは、この機能により入力数を約25%減らすことができ、画面サイズが小さい携帯端末ほど、特に便利に使われているといいます。

オートコンプリートは、実行する検索の新しいタイプを示唆するのではなく、ユーザーが意図した検索を行えるように設計されています。これは、入力を続ける可能性が高いクエリについての最も適しは結果を返す仕組みになっています。

これは、実際の検索を調べて、場所や以前の検索履歴を考慮しながら、関連性の高い一般的なクエリと傾向の高いクエリを表示します。

既存のオートコンプリートポリシーは、性的に問題があるキーワード(医学的、科学的、性教育に関するものではない)予測、誹謗中傷につながるキーワード(人種、宗教、その他の人口統計に基づくグループや個人に対する)、暴力的、危険なもの、有害なものを排除するしくみになっています。

Googleでは、「予期しない不適切な予測キーワードをオートコンプリートを実行してはいけない」としています。

去年、Googleはユーザーに違反結果を報告するためのフィードバックツールを公開し、今後数週間で不適切な発言キーワードや暴力に関連するポリシーを拡大させる予定です。