マイクロソフト、ウイルス対策ソフトウェアをGoogle Chromeブラウザ用に提供

0
286

Microsoftは今週、Google Chrome用ウイルス対策スキャナ、Windows Defenderをリリースしました。 MicrosoftはChrome拡張機能にWindows Defenderの機能を追加し、Chromeで悪質なURLリストに該当するサイトを訪問した場合にブロックする機能を提供します。 この拡張機能は、悪質なサイトからPCにロードされるマルウェアを阻止し、フィッシング詐欺メールが届くのを防ぐように設計されています。



Chrome拡張機能にWindows Defenderを追加

Googleは既にChrome内の悪意のあるリンクに対する独自の保護機能を提供しているため、このMicrosoftの追加機能はすこし余計な機能にも思われます。 マイクロソフトは、フィッシング詐欺に対するWindows Defenderの保護率が99%で、Firefoxの87%に比べて防御率が高いと主張しています。 特に悪意のあるリンクを心配している場合は、この拡張機能により、さらなる特別な保護が可能になります。 MicrosoftのWindows Defender Chrome拡張機能は、現在Chromeウェブストアから入手できます。