マイクロソフトの新しいXbox Liveアバターが機能がビデオで流出

0
256

マイクロソフトでは、新しいXbox Liveアバター開発に少なくとも1年以上費やしており、今回、新たに流出したビデオから、更新されたシステムを詳しくみることができます。 ResetEraのフォーラムユーザーは、マイクロソフトのデザイナーが新しいXboxアバターエディタの仕組みを示すビデオをYouTubeにアップロードしたことを発見しました。新しいアバターは、ボディタイプのオプション、衣類、小道具を使ってオンラインキャラクターを完全にカスタマイズすることができます。マイクロソフトのエディタはXbox OneとWindows 10の両方で動作します。



マイクロソフトの新しいXbox Liveアバターが機能

マイクロソフトでは、アバターのカスタマイズにさまざまなオプションを提供しています。同社のオリジナルE3トレーラーは、遊び心のある衣装、車椅子、スケートボード、バイクのオプションを約束していました。 さらに、Xboxアバターエディタ自体も、身体、顔、髪、メイク、さらには指の爪の形までもカスタマイズできます。すべてのオプションには、カラーピッカーと、アバターストアから追加アイテムを購入する機能が含まれます。マイクロソフトは、Unityエンジンにこの新しいアバターシステムを再構築したため、既存のアバターからのアイテムを直接追加することはできません。ただし、既存のアバターを新しいシステムにインポートすることは可能です。

マイクロソフトではXbox LiveアバターをXbox Oneダッシュボードに統合し、サードパーティ開発者に別の店舗を開設する予定です。新しいアバターはもともと去年秋にリリース予定でしたが、Microsoftはシステムを改善するためにリリースを延期していました。