Adobeは、アシスタント機能の強化に、Sayspring音声プラットフォームの会社を買収

0
116

アドビシステムズ社は、AlexaやGoogle Assistantなどの仮想アシスタントと統合された音声ベースのアプリを誰でも簡単に構築できるようにする、Sayspringの買収を発表しました。



Adobeは、Sayspring音声プラットフォームの会社を買収

Adobeは、Sayspringの買収を音声インターフェイスの取り組みの「次のステップ」と呼び、ブログ記事で発表しました。同社はこの取引における財務情報を共有していないが、Sayspringのチーム全体がAdobeに参加し、この技術をAdobe製品スイートに統合しようとしているという。

アドビのエグゼクティブバイスプレジデント兼CTO Abhay Parasn​​is氏は、今日のSayspringの音声技術の重要性をコメントしました。

「私たちは、キーボードとマウス、そしてタッチスクリーンさえも、より自然なもの、つまり私たちの声を、技術と相互作用するものに変えようとしています。ボイス・テクノロジーは急速に成長しており、Adobeのポートフォリオの不可欠な部分になるはずだと強く信じている」と語った。

Sayspringを歓迎しエキサイトしています。より多くの人々が次世代の音声体験を創造する能力を高めるためにこの技術を活用することを楽しみにしている」

Adobeはアプリに音声コントロールを導入することについて、水面下でテストしていました。昨年のAdobe MAX基調講演では、Adobe Senseiを搭載したPhotoshopとXDのプロトタイプ版をプレビューしています。 Adobeは、Senseiを創造的なアシスタントにかえ、さまざまなアプリに音声認識機能を追加する計画だと語る。

Sayspringは、昨年創設されました。クリエイターが音声技術で操作できることを目標としていますが、コーディングは必要ありません。

1年前に立ち上げて以来、私たちのチームは、音声技術を使用してコーディングする必要のないツールをクリエイターに提供するという使命を果たしてきました。これは、新興アーティストからグローバルブランドに至るまで、優れたデジタル体験をデザインして提供するために、Adobeのビジョンと密接に結びついています。

買収の詳細については、AdobeのブログSayspringのウェブサイトでもご覧いただけます。