AppleはHomePodの生産数を減らし、年末に噂の安価モデルを提供か?

0
68

ブルームバーグのレポートによると、HomePodの売り上げに陰りが出てきてると報じています。また、中国の報告書によると、アップルは毎月のHomePod生産数を毎月50万台から20万台に減らしており、Appleは今年末までに、安価なHomePodモデルを発売するという噂があるという。



年末に噂の安価モデルを提供か?

HomePodの売り上げが平均的か、平凡なのか、それとも著しく劣っているのかをよく理解するのは難しい。 価格は349ドル。50ドルのAmazon EchoとGoogle Home Mini製品のようなものと競争で打ち勝てていけるのかは、少し疑問だ。

Apple Watchも初代は盛り上がりにかけました。Apple Watchの成功は、値下げやシリーズ2の登場以降に始まっています。

HomePodについても同じことが当てはまります。他のスマートスピーカーとは厳しい競争に直面しており、個人的なアシスタントスマートは、低価格で小型フォームファクターを満たす必要があります。

現実的に、現在のHomePodはApple Music加入者にのみ訴求が効いている。これは、約4,000万人の市場規模でづ。ステレオまたはマルチルームストリーミングのような主要なワイヤレスホームスピーカーの機能もまだ利用できず、今年の後半まで延期されています。

HomePodの値下げは、可能性を見出すかもしれない。チャイナ・タイムズは、現在の349ドルのエントリー価格より大幅に安い、新しいHomePod・リビジョンに言及しています。おそらく、アップルの新しいスマートスピーカーは、やっとGoogleやAmazonの商品に匹敵するものになるかもしれません。